2007年07月19日

新潟県中越沖地震で、原発の安全神話に影

2007年07月18日

新潟県中越沖地震で、原発の安全神話に影

IMG_5675mm.JPG 気になる記事がメールで届きました。
 地震兵器、津波兵器、気象兵器など・・・・・

 新潟県中越沖地震で、原子力発電所の安全性に赤信号が点滅しだしました。
 活断層の上に、柏崎刈羽原子力発電所がある。
 怖いことです。安部総理が真っ先に飛んでいったのが分かります。

 その安部総理、18日は夜19時から、日田市民会館に現れました。
 大分選挙区、一人区の行方が注目されています。

 自分から進んで日田に来たとのことですが、気になるのでしょう。
 選挙の行方が・・・・・・・。八面六臂の活躍で、低落傾向を挽回できるのでしょうか。

 地震・雷・火事・親父・・・・・・・・・・。

IMG_5679mm.JPG 新潮45 8月号 浜田和幸
・ ・・・・・・・・・・・(前略)
  本土決戦を唱える日本に対し「戦意を喪失させるには地震・津波攻撃」が有効手段であると、最後まで検討されていた。 このことを裏付けるのが、ニュージーランドの外務省の情報公開法に基づき、1999年に公開した極秘外交文書である。

・「米政府は第二次大戦の末期から地震・津波兵器の開発を進めてきた。ニュージーランドの沖合いで実施された津波爆弾『プロジェクト・シール』の実施では30メートルを超える津波の発生に成功。

・日本を降伏させるために、この津波爆弾を使うか、原爆を投下するか検討されたが、精度が高く、効果が大きい原子爆弾が使用された。」
・実際、ニュージーランドで研究開発にあたっていたコンプトン博士が米軍の極秘作戦において中心的な役割を担っていた。
・同博士は、その後もビキニ環礁での核実験を視察し、津波兵器と核兵器の比較検討を継続して行ったという記録が残されている。
・2005年4月に米国で公開された「地震を使った対日心理戦争計画」と題する米軍機密文書(1945年、CIAの前進である米戦略事務局OSSによって作成)によれば、第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア大学のバイヤリー教授を中心とする地震学者たちが総動員され、 「日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波を起こせるかシュミレーションを繰り返した」という。
・ここでいう「強力な爆発物」とは、開発まもない「原爆」のことである。
・この文書には「日本本土攻撃作戦」のい副題が付けられ、「悪魔の攻撃」と呼ばれる章では、「日本人の目を覚まさせるには地獄に飲み込まれたと思わせる必要がある。そのためには、地震を恐れる日本人の特性を徹底的に突くべし。地震攻撃に勝るものはない」と結論付けている。
・当時の米軍における研究開発部門の責任者であったスタンレー・ロベル博士やマーシャル・チャドウエル博士の分析によれば、 「日本の周辺にある海底の地震プレートをピンポイントで爆破すれば、巨大な津波を発生させることが可能となる。
・目標とすべきプレートの周囲に8キロ以内に爆弾を仕掛ければ、1年以内に狙った場所で地震を起こすことができ、津波も誘導できる」
・この秘密文書の最後には、「地震・津波攻撃の目的は日本人をパニックに陥れることで、神国日本や軍部独裁に対する不信感を醸成することにある。日本人が国家を捨て、個人の生存を第一に考えるようにするための
ショック療法ともいえる」と記されている。
・米国の空軍では、気象をコントロールして兵器のように使う分野がある。

気象兵器・・・・http://rerundata.hypermart.net/08haarp/ 

http://www.youtube.com/watch?v=MnRPZOUVhJ4&;mode=related&search=

http://www.globalresearch.ca/articles/CHO409F.html
posted by kawasaki at 03:19| 大分 霧 | TrackBack(0) | 異常気象 狂い咲き


posted by kawasaki at 03:45 | 福岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に

2007年07月18日

放射性物質漏れる、柏崎原発

IMG_5622mm.JPG 新潟県中越沖地震で、柏崎刈羽原子力発電所で放射性物質が測定される。
 原子力施設の安全神話崩壊に繋がりきれない事実が判明しています。人体に影響は無いとは言いながら、今後のことを思うと、もっと大きな事故につながりかねません。
 知人の息子さんが、原発施設で被爆(?)しましたが表沙汰になりませんでした。当人は、自分が被爆したことで何時かその影響が出てくると思い、引きこもりになってしまいました。

 会社からは、チャンと調べて悪ければ治療をと言ってきてましたが、その後どうなったか、引っ越して行ったために今は消息不明です。

柏崎刈羽市民ネットワーク・・・・http://www.janjan.jp/area/0410/041029192/1.php

前回の柏崎原発・・・・http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/genpatu7kinokasiwazakisimodaihigai.htm


・・・・過去ブログ・・・・

朝日=核爆発?

 冷たい空気に触れ、輝く朝日を浴びて家に戻ると、何と北朝鮮の核実験! 核というと、放射能。
 
 放射能といえば思い出すのが私のブログにリンクしている、森住卓さんのフォトアルバム。写真は真実を伝えます。
 
 イラクにおいて平気で劣化ウラン弾を使用するアメリカ軍。
 
 イエローケーキは、どんどんばら撒かれ、放射能汚染を撒き散らし、罪のない子供達を蝕みます。


森住卓フォトジャーナリスト

http://www.morizumi-pj.com/


イエローケーキ

http://homepage2.nifty.com/mekkie/peace/iraq/news/062.html


イエローケーキ
http://www6.shizuokanet.ne.jp/iida/HP/2003-HP/yellow.html

posted by kawasaki at 08:07 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に

2007年07月15日

台風4号の強風、亀山公園 2007.7.14



 亀山公園の木々に、台風4号の強風が吹いています。
 この亀山公園は、別名日の隈山とも呼ばれており、他に月隈山、星隈山とも呼ばれてる丘が市内にあります。
 この三つの隈山があることで、三隈の名前が川につけられ三隈川となりました。

 この三つの隈山は、日田が湖だった頃、島として湖に浮かんでいました。

 日田の神代・古代


 神話では、「湖であった日田盆地に大鷹が東から飛んできて湖水に羽を浸し、羽ばたき、旭日の中を北

へ去り、すれば湖水は轟々と抜けて干潟となった。そして日隈、月隈、星隈の三丘が現れた。」という。

 小さい頃の話で、大鷹は、金の大鷹と聞いていました。金の大鷹とは、当時の先進技術集団、稲作と土木技術を持った人々。旭日の中を北へとなると北九州、東となると瀬戸内へ。


 「旧事本紀」国造本紀に古代ヒタにおいての国造は、「成務天皇の時代に葛城国造同祖、鳥羽足尼(宿禰)を定

めた。」とあり、実質の都市としての日田歴史はここからとされる。ただし、諸説が唱えられ真意は不明。


止波(鳥羽)宿禰は西暦470年以降古墳時代後期に靱編連(ユギアミノムラジ)現在の日田市刃連町あたりに会

所宮(現在の会所山久津媛神社周辺)とよばれた屋敷に居住し村人に農業などを指南した偉人として「豊日志」に

記されている。

 古墳時代からの出土物で有名なのが金銀錯嵌珠龍文鉄鏡、金錯鉄帯鉤で、靱編連(ユギアミノムラジ)現在の日田市刃連町あたりに会所宮(現在の会所山久津媛神社周辺)の近くから発見されています。

 日田の、日の隈、月隈、日の隈のいずれも古代の遺跡が残っており、日の隈から出土された鏡は、日田祇園山鉾会館に展示されています。

                   IMG_5183mm.JPG
 日の隈神社 平縁細線式獣帯鏡

 日の隈神社には、西郷隆盛の書が残っています。

 日田県の初代県知事は、松方正義です。どうしてでしょうか。彼は、初代の日本銀行総裁であり、大蔵大臣になり金解禁をやります。
 井上準之助は、日田出身で大蔵大臣になり金解禁をやり、二人とも暗殺されます。

IMG_5185mm.JPG
 日田金(かね)と呼ばれた日田の掛屋の財産は、何処に消えたのでしょう  

か。明治以降、古代の時代から九州の重要な地であった日田のまちは、

歴史から消滅します。







posted by kawasaki at 22:05 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に

台風4号九州南部をかすめる 2007.7.14

 台風4号がそれそうなので、昼過ぎから理髪店に出かけました。
 散髪が終わった頃には、一時、陽が差しましたが直ぐに小雨になり、時々強風が吹き荒れました。

 強風が吹くたびに、棗(なつめ)の実が枝ごとに折れて落ちてきます。

 月隈小学校に通っていた頃は、校庭に大きな棗(なつめ)の木があり、実が熟れた頃に台風が襲来し、その実を朝早く行って拾うのが楽しみでした。

 IMG_5402mm.JPGIMG_5400mm.JPG 
 IMG_5401mm.JPG IMG_5406mm.JPG

 12日に、遊船が座礁したところに行ってみました。
 まだ、台風の風が残っていました。
 

三隈川の遊船(屋形船)が、突風で漂流  2007.7.12

IMG_5332mm.JPG 夜に入ってから、雷と強雨と強風が吹き荒れましたが、自分はプラザホテルフジノイで講義を受けており、窓越しに稲光を時々見ては、相当に荒れているなと思うぐらいでした。
 ところが、プラザホテルフジノイからの帰りに、隈町の春光園から見える川岸に、警察官がたくさん出ていて「スワッ。事件か?」「何事か?」と思ったら、突風で遊船が流されたとのことで、怪我人はないとのことで一安心でした。

 僅か2分間余りの出来事で、対応できずに庄手川側の浅瀬に流されて座礁した遊船もあり、13日8時からクレーン車を入れて対処するとの事でした。
 当時、10艘近くの遊船が出ており3艘が流され、そのうちの1艘は船外機が装着されていたので自力脱出し、後の船は、自力で岸に戻ったとのことでした。
 画像で見ると、亀山公園よりの中央部の白いビルの下に、遊船の明かりが見えます。通常は、この辺は亀山公園から緑橋に渡る板の沈み橋の浅瀬があり、船の近づけないところです。
IMG_5142m.JPG 流された三艘の遊船には、それぞれ10人、10人、5人のお客が乗船しており、無事で本当に良かったです。左の画像は、7月7日の増水時に撮影したものですが、左側が亀山公園で右側がみどり橋で旅館街への散歩道路です。板の散歩橋は、冠水しています。
 大分気象台によると、午後7時48分に瞬間最大風速18.7bを観測し、降雨量も午後7時から8時までの1時間で12.5_に達したとのことでした。

 こんなことは以前にもあり、突然の気象状況の変化には注意を要します。
 私の体験は、2回あり、今年の観光祭川開きの水神祭のときに巫女を乗せた船が、風に邪魔されて御神座船に近づけず往生して、笑いを誘いましたが、後の一回は、これもまた、水神祭の時でしたが、凄まじい強風が吹き、船頭の操船では全く歯が立たずに、遊船が流され銭渕橋の橋げたに衝突したこともありました。神棚も危うく倒れそうになったことを覚えています。

 先日も、増水した三隈川に遊船が浸水しましたが、今回の座礁した遊船と所有者が同じようです。
IMG_5148mmm.JPG 最近の雨は、まるでスコールで、温帯地方が熱帯雨林気候になったような雨と風が吹きます。 超異常気象の前兆ではないでしょうか。

 13日午後4時から、日田警察署で行政も入れて、旅館組合と今後の対応を協議するそうです。


 
タグ:台風4号
posted by kawasaki at 21:15 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に

2007年07月11日

七つの願いをかなえる星雲

Fw: 星に願いを☆  七つの願いをかなえる星雲

昨晩、メールが届きました。
紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・

こんばんわ。お久しぶりです
これはナサで撮影された天体写真です。七つの願いが叶うそうです。川崎さんに沢山の幸せが訪れますよう願って…


 
それで、早速調べてみました。キーワードは、「NASA」と「七つの願い」です。
花の宴・・・・http://hanaen.exblog.jp/5746967/
神の目・・・・http://jewelrymoon.jugem.jp/?eid=126
posted by kawasaki at 08:32 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 02)不思議ワールド

2007年07月08日

エリ・コーヘン大使閣下と夕食  2007.7.6

 IMG_5135mm.JPG IMG_5139mm.JPG
 IMG_5137mm.JPG IMG_5136mm.JPG
 IMG_5134mm.JPG IMG_5138mm.JPG
 6日昼間に、三苫善八郎氏のイスラエル国名誉領事就任祝賀会が盛大に開催されました。
 祝賀会の後、駐日イスラエル大使のエリ・エリアフ・コーヘン氏と並んで夕食を共にすることが出来ました。

 隣に座ったエリ・エリアフ・コーヘン大使閣下と、お銚子に移し変えた祝賀会で出されたクンチョウ酒造の樽酒を、酒盃で酌み交わしました。樽酒がとてもお気に入りの様子で、何度も酒盃を重ねました。

 酒盃を重ねながら、先ずは月間イスラエル7・8号の表紙を飾った、四国の剣山山頂に立つ、エリ・エリアフ・コーヘン氏の写真のことから、同じく四国の磐境神明神社への参拝、コーヘンという名前の謂れ、新郷村のイエス・キリストのお墓、1973年のヨム・キブール戦争でのスエズ運河逆渡河作戦での一番乗り、松涛館空手や武道、パレスチナ紛争など時間を忘れての一時をすごしました。

 とくに、磐境神明神社については、3500年前のユダヤ教の形式と同じであり、再び足を運んだとのことでした。

 途中でポケットから取り出したのが、上の画像に3枚ある、例の飲み込む胃カメラです。今は、両側にカメラが付いているとのことでした。

 エリ・エリアフ・コーヘン大使閣下は、8月に日本を離れるそうです。とても気さくな方でした。
 今後のご活躍をお祈りいたしたいと思います。

 磐境神明神社を参拝・・・・http://www.jrt.co.jp/news/scripts/newscont.asp?NewsId=7947

 磐境・・・・http://f1.aaa.livedoor.jp/~megalith/a2yougo.html

 書評・・・・http://www.worldtimes.co.jp/syohyou/bk061015-5.html
 

 神道フォーラム5号に掲載・・・・・http://www.shinto.org/isri/jpn/forum/forum5/budosympo.htm

 伊勢神宮を参拝・・・・http://www.jinja.co.jp/article/001-002040.html

 大本ニュース・・・・http://www.oomoto.or.jp/Japanese/news2006/news05052.html

 書評・・・・http://blog.goo.ne.jp/noboru11_001/e/f36c140d498ede13b6ca196ed04eaed3

 四国の剣山・・・・http://hiroshima.cool.ne.jp/h_sinobu/kenzan.htm

 書評・・・・http://datefile.iza.ne.jp/blog/entry/203770

 出雲大社を参拝・・・・http://www.hns.gr.jp/ibent061121/ibent061121.htm

 いろんなところで講演・・・・http://www15.plala.or.jp/meiryo12kai/subA1601.html#sub15-busidou

 ・・・・ http://tak0719.hp.infoseek.co.jp/qanda2/90mamPcy2bM09048.htm

 クンチョウ酒造・・・・http://www.kuncho.com/
posted by kawasaki at 09:21 | 福岡 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に

2007年07月05日

フゴッペ洞窟 レプリカ   2005.11.

 2005.11.7-10s@kC 070mm.JPG 2005.11.7-10s@kC 073mm.JPG
 2005.11.7-10s@kC 084mm.JPG 2005.11.7-10s@kC 078mm.JPG
 2005.11.7-10s@kC 075mm.JPG 2005.11.7-10s@kC 111mm.JPG
2005.11.7-10s@kC 116mm.JPG  2005.11.7-10???????s?????@?k?C?? 087mm.JPG
 2005.11.7-10s@kC 120mm.JPG 2005.11.7-10s@kC 127mm.JPG
 北海道の余市にある古代遺跡です。不思議な形の絵がたくさん描かれています。
 大陸には、何箇所も同じようなものがあるそうです。
 この遺跡を発見したのが中学生で、これ以上発掘すると、壊れる恐れがあるのですべて発掘することなく、現存保存しているとのこと。
 
 日田市議会の教育民生委員会の行政視察で訪れたものですが、余市のヤンキー先生の恩師安達先生(ビバハウス)の旦那さんから、
 「内のほかに何処を視察するのかい?」と聞かれ、
 直ぐに「フゴッペ洞窟です。」と答えると、
 「ン、それは良い。人類の文化遺産だ。しっかり見てください。」
 「余市まで来て、これを見ずに帰る視察議員が多いい。」と嘆いていました。」
 「ニッカと宇宙館だけの・・・が多い。」

 褒められたんでしょう。

 NPO ビバハウス・・・http://wakamono-viva.jp/

 不良少年の夢・北星学園余市高校・・・http://blog.ab-life.net/archives/20040523_2335.html

 ヤンキー先生・・・http://www.tbs.co.jp/yankee/2003/contents.html

 義家弘介・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E5%85%88%E7%94%9F
posted by kawasaki at 07:48 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。