2008年07月24日

中国で何かが 2008.7.23

IMG_0621mk.JPG 中国で何かが起こっていますが、マスコミでの報道がありません。今日の郵便物の中に、新型インフルエンザの最新情報が手紙で入っていました。早速、確認してみると確かにありました。手紙には、他の地域の感染者情報もあり、日本人の死亡例も紹介されています。
 大変な事態が生じているようです。
 以前、訪問したことのある青島市。オリンピックのヨットセーリング会場が突然閉鎖されたとの事。当時のガイドは、ここ青島市は、北京オリンピックでヨットの会場になり、将来は、国際的なリゾート地になると自慢していましたが。ドイツの雰囲気を残した建物もあり、特にチンタオビール工場で飲んだビールは、本当に美味しかったのを覚えています。
posted by kawasaki at 09:17 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 新型インフルエンザ

2008年07月14日

オーロラが、2011年に日本で見れる

IMG_9557mk.JPG 2001年には、日本の大阪でもオーロラが見れる。
 こんな話を聞きました。

 となると北極や南極の大気の状態と、
 同じ状態。

 人間に対する影響は、
 果たして、どのような影響が。

 ハープも、このようなことに関係しているのでしょうか?

タグ:オーロラ
posted by kawasaki at 00:29 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に

2008年07月13日

自民党支部解散、全員離党

YoutubuにプリプリのDAIAMONDSが。
良く歌ったものです。
一緒に、自民党支部解散、全員離党。
もっともです。

http://jp.youtube.com/watch?v=vCc0QLvX2d8
&

自民松伏支部解散、59人全員離党へ
[埼玉新聞 2008年7月10日付]

 北葛飾郡松伏町の自民党員で結成している自民党松伏支部(59人)が総会で、支部解散と全員の離党を決めたことが9日までに分かった。
 総会は5日に同町内で開かれ17人が出席。委任状が31人分提出され、構成員の2分の1以上の出席という総会成立の規約は満たした。同支部の松井正雄幹事長が解散議案を提案、出席者全員が挙手で賛成したという。
 同支部長の高橋昭男町議(65)は9日「三ツ林隆志代議士陣営との不和もあるが、後期高齢者問題や格差、物価高騰などを通して自民党政権に対する市民の不信感が強まっていることが解散を決意した原因」と語った。
 同支部長はまた「私たち下部組織の意見には目もくれず、中央ですべてを決める横暴さが見られる。国民の目線でという素晴らしさがなくなり、今は党員として胸を張って歩けない」と語った。
 松伏町は第14選挙区(八潮、三郷、幸手、吉川の4市と栗橋、鷺宮、杉戸、松伏の4町)。選挙区支部長は三ツ林代議士で現在海外出張中。自民党県連の百武公親事務局長は「小選挙区支部の中で解決していただく問題だ」と話している。(岸鉄夫)

posted by kawasaki at 19:06 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。