2011年06月26日

原田啓介のブログ開設 2011.06.25. 

 harada_03-215x30020110626.JPG 原田啓介からのごあいさつ・・・・http://www.harada-keisuke.rgr.jp/

 平成23年3月11日、東日本を襲った大震災と原発事故は、私たちの未来に大きな陰を落としています。被災地だけでなく、日本経済全体が長期的に大きな影響を受けることは避けられないでしょう。
 私たちの暮らす日田市もまた、その影響から逃れる事はできません。この戦後最大ともいえる危機を乗り越えるために必要なのは、市民全員参加の社会づくりではないかと私は考えています。
 しかし、現在の日田市はどうでしょうか。市民の声に耳を塞ぎ、上意下達・問答無用の官僚主導の市政が繰り広げられています。まさに、「市民不在」の市政だと言っても過言ではありません。
 今こそ、抜本的な自治改革が必要です。時代に即し、発想を変えて、しっかりと未来を見据えた改革を行えば、必ず未来の展望は開けると確信しています。
 改革の道は厳しく険しいものです。しかし私は、その仕事に深い使命感を抱き、高き志を重ね、心を込めて取り組むことをお約束します。日々の仕事を通じて、素晴らしい日田を創ります。

 未来に誇れるまちづくりを始めましょう。いつの日か「この町に暮らせて良かった・・・。」と語れるために・・・原田 啓介 (はらだ けいすけ)http://www.harada-keisuke.rgr.jp/
※こんなハズじゃなかった・・・・http://ku-kawasaki.seesaa.net/index.rdf

http://www.k-kawasaki.info/2011/06/20110622-1.html

posted by kawasaki at 23:30 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 福祉 環境

2011年06月24日

福岡政行氏、日田市に来訪 2011.06.23.

 

 6月28日午後7時から、テレビなどで活躍する福岡政行氏を招き、日田市中央公民館(文化センター)で、時局講演を開催します。
 今、日本の政治・経済は3月11日の大震災以来、混沌として来ています。
 そうしたなか、多忙を極める福岡政行氏が日田市に来訪することになりました。
 福岡氏は、元自由の森大学の副学長を務め、学長の筑紫哲也氏を支え、日田市に何度も足を運んでいます。
 その自由の森大学の事務局長を務めていたのが原田啓介氏です。
 28日は、どのような話が聞けるのか楽しみです。
     記
福岡政行氏、時局講演会 日時 6月28日(火)午後7時開会
場所 日田市中央公民館・文化センター(中城町)
福岡政行ブログ・・・・http://ameblo.jp/fmcb/
福岡政行本音でしゃべる・・・・http://www.fukuoka-masayuki.com/
 問合せ先 「21世紀の日田市を創る会」
8770016 日田市三本松2−2−9
電話 0973−24−1177

posted by kawasaki at 15:20 | 福岡 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 福祉 環境

2011年06月23日

こんなハズじゃなかった、原田啓介 2011.6.22. こんなハズじゃなかった、原田啓介 2011.6.22.

「こんなハズじゃなかった」 
そんな思いをしている市民は
私や「原田けいすけ」だけではありません。
その思いが、
「かえよう日田市 市民参加の市政に」
「笑顔がひろがる、わたしたちのまちづくりを」
になりました。
 
今すぐに取り組まなければならない重要事項!

・開かれた市政を!
・酒蔵保存問題(岩澤美術館・140席のレストラン・物販店等)や、旅館
 経営の屋形船を日田市が全船買い取り町づくり公社で経営・公有化等、
 採算度外視の行政主導による事業推進を見直し、将来に亘り財政運営
 に影響を与えないよう、市民・住民参加での開かれた議論の場をつくり、
 問題解決に努めます。
 
・将来を見据えた行財政改革を!
・市民参加で事業仕分けを進め、無駄な事業を見直し、地域の実情に合っ
 た市政の改革を進めます。
・少子高齢化社会に対応すべく、市長報酬・職員給与を含む抜本的な財政
 支出の見直しを進め、案心して暮らせる町づくりを進めます。
 
・情報格差の是正を!
・市民が同時に情報を共有できるよう、ネットワークの一元化に取り組みます。
 (市のケーブルテレビと民間のKCV)
 
・かえよう日田市! がんばろう日田市!

地域活性化「原田けいすけ」の5つの宣言

@新たな公共の創造
・国の総合特区制度を最大限活用し、日田の地域資源に知恵と工夫を
 重ね、自給力と創造力を高め、地域力の向上を図る。
 
A地域経済・雇用対策への取り組み
・地域産業・ベンチャー企業等のネットワークを体系化し、
 農林商工連携による地産地消・観光関連の推進をはかります。
 
B福祉の充実
・地域の実情を踏まえ、子育て家庭・障がい者・高齢者等が 
 安心して暮らせる制度を創造し、絆を大切にする社会の実現に
 取り組みます。
・安心できる国民健康保険税の改善
 (生活を脅かす、昨年の30%増税のようなことはしません) 
 
C水郷日田の水と森づくり
・自然を活かした振興政策を進め、自然の豊かさを実感できる
 循環型社会の実現に取り組みます。
・豊かで、綺麗な水に日田づくりに取り組みます。
 
D人が、いきいきと輝けるまち"日田"
・日田で生活する誰もが、素晴らしい場所・文化・歴史・人・もの
 の誇りを持ち、人が、いきいきと輝けるまち"日田"を再生します。

・防災体制の充実で、安心・安全のまちづくりを進めます。

笑顔がひろがる、わたしたちのまちづくりを
「原田けいすけ」、目指します
posted by kawasaki at 00:42 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 福祉 環境

2011年06月21日

日本に対外情報機関設置か 2011.06.21.

香港で猩紅熱が流行しているとの報道。猩紅熱の遺伝子が変異していることが拡大の原因とも。遺伝子の変異と言えば、ヨーロッパの病原性大腸菌も遺伝子の変異。人為的な変異ではないでしょうね?  その猩紅熱を検索していたら、久しぶりで「大紀元」に行き着き、下記の記事に出会いました。
 日本政府が、対外情報機関を設置との報道ですが、外務省は機能していないし、今頃との思いもします。対応が遅すぎます。平和ボケしていては、国際的に立ち遅れます。
  ソース:http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_wklks.html

日本政府、情報機関の設立を準備中か 中朝情報の収集に=ウィキリークス
 
 【大紀元日本2月23日】内部告発サイト・ウィキリークスが入手した在日米大使館発の公電によると、日本政府は、戦後初めて対外情報機関の設置を進めているという。21日付英BBCが報じた。

 同報道によると、この秘密情報機関は、米中央情報局(CIA)や英秘密情報部(M16)をモデルとし、テロ情報や中国・北朝鮮に関する情報の収集を目的としている。設置は内閣情報調査室(内調)により進められている。

 日本は敗戦後、外交上のリスクを考慮して、対外情報機関の設置に二の足を踏んでいた。しかし、2008年10月に当時の内調トップだった三谷秀史氏が米国務省情報調査局のランダル・フォート局長と協議した中で、日本側の態度に変化の兆しが見えたとBBCは指摘した。三谷氏は当時、「人的情報の収集能力を高めることが優先事項である」と発言したという。

 また、情報機関の創設を決定した人物は、08年9月まで首相を務めた自民党の福田康夫氏であり、福田氏に続く麻生太郎元首相も引き続きこの決定を支持した、と電文に記載されている。

 さらに、日本は知識や経験、人的資源などが不足しているという認識から、同機関の設置を徐々に進める予定だとする一方、人員への訓練は近いうちに始まる、と電文が明らかにしている。

(翻訳編集・張凛音)

posted by kawasaki at 04:58 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に

長友、インテルで初ゴール 2011.06.21.

IMG_418120110621.jpg 夕食後にテレビを見ながら、いつの間にか寝入っていました。凄い雨音と雷鳴に根が覚めて、点けっ永友ぱなしのテレビのチャネルを変えると、サッカーセリエAのインテルとジェノアの試合が始まるところでした。スピード感ある試合に見入っていましたら、後半戦途中から、インテルに移籍後も大活躍し、注目を集める長友選手が出場し、後半戦39分過ぎに左足で見事なゴールを決めました。ゴール後に祝福される同僚に囲まれながら、丁寧にお辞儀をしてのパフォーマンス。日本人をアピールしました。
 本場ヨーロッパのサッカー界で活躍する長友選手を見ていると元気を貰えます。
 youtubeにゴールの瞬間が、直ぐにアップされました(早い!)・・・・ 
http://www.youtube.com/watch?v=NFvmuF39BXY
 youtubeで市内のダイジェスト版・・・・http://www.youtube.com/watch?v=VSCFQ0qLrFo&NR=1
 長友佑都ハイライト・・・・http://www.youtube.com/watch?v=CurVlX0vliE
posted by kawasaki at 04:51 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 福祉 環境

2011年06月19日

日田市長選、一騎打ちの公算大 2011.6.18.


17日に、日田市役所で原田啓介氏が日田市長選への立候補を正式表明しました。各紙の記事です。直接の動機は、各紙の記事に簡潔に掲載されていますが、4年前に私も原田啓介氏と共に、佐藤陽一氏を推しました。しかし、ブログで何度も紹介してきたように、彼の政治行政手法は期待を裏切るもので、私と同じ思いを原田啓介氏もしていたのです。  最初は、天領日田ひなまつり健康マラソン大会の補助金カットに始まり、教育委員の選任問題、認定こども園問題で無認可保育所の設置、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡に対する見解、レジ袋有料化に県下で最後まで抵抗、市土地開発公社の理事会で議会選出議員を拒否、また室原議員と理事会でそのことで論争するが、その録音されたテープを市長が局長に指示し抹消させる、収入役への取り扱い、2名の副市長辞任劇、国民健康保険税の30%アップで市民生活を圧迫、酒蔵美術館・レストラン・お土産店等の構想、屋形船を市が買い上げて市の出資会社が運営など、幾つもマスコミに取り上げられました。 全員協議会室での室原議員や私との二元論論争でも、議会の役割を理解しようとしない市長の見解でした。
 首長と議会の二元論・・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%9C%B0%E6%96%B9%E8%AD%B0%E4%BC%9A(長の強大な権能を適切に監視する必要も高まっている。このように、地方分権の実現には、地方議会が適切にその権能を行使していくことが必要不可欠である。)
 

選挙:日田市長選 原田氏が正式に立候補表明 現職姿勢に不満 /大分

毎日新聞 6月18日(土)14時27分配信

 日田市長選(7月10日投票)への出馬準備を進めていた会社役員で元「自由の森大学」事務局長の原田啓介氏(52)が17日、正式に立候補表明した。原田氏は03年の市長選で3選を目指す現職に1371票差の接戦。前回推した佐藤陽一・現市長との決別は、行政・政治手法が「こんなはずではなかった」ためという。昨年12月に再選出馬を表明した佐藤市長は、20日に改めて政策を発表する。
 原田氏は「(10日の出馬報道以来)市民から驚くほど多くの激励や意見を頂いた」と語り、クンチョウ酒造・酒蔵群の美術館転用問題に言及。「伝統的建造物の酒蔵を残すのに異論はないが、施策決定の不透明さ、多額の投資、こうじ菌の影響など問題点が多い。白紙に戻し、市民や所有者らと協議して豆田町のランドマークとしての位置付けを」と、保存と美術館問題を切り離す考えを示した。
 更に「他にも市民の意見が反映されない市長の上意下達、問答無用の姿勢は枚挙にいとまがない。その違和感が、出馬する大きな原動力になった」。
 現在、態勢準備の傍ら政策をまとめているが、日田市の浮揚を図る総合特区構想を強調した。後援会事務所は0973・24・1177。【楢原義則】  6月18日朝刊

原田氏が出馬表明/日田市長選

2011年06月18日 朝日新聞

 7月10日投開票の日田市長選を巡り、会社役員原田啓介氏(52)=日田市中央1丁目=が17日、無所属での立候補を表明した。すでに現職の佐藤陽一氏(62)=1期目=が表明しており、一騎打ちの公算が大きくなった。
 この日記者会見した原田氏は「4年前は佐藤さんを応援したが、その後の佐藤市政は全てに『上意下達』『問答無用』。んなはずではなかった、という思いだ。東日本大震災以降、この国の仕組みが根底から変わっていくとき、日田市民が本気で参加できる市政をつくりたい」と述べた。また懸案のクンチョウ酒蔵問題については、「蔵の保存と美術館は切り離して考える」などと語った。
 原田氏は日田市出身で東海大付属第五高卒。自由の森大学実行委員長、同事務局長などを務めた。8年前の同市長選にも無所属新顔で出馬し、当時の現職と一騎打ちを演じたが惜敗している。(堺謙一郎)
 
 新人原田啓介氏が出馬表明 日田市長選 現職と一騎打ちか
 2011年6月18日 西日本新聞 朝刊 日田玖珠
 任期満了に伴う日田市長選(7月3日告示、同10日投開票)に、新人でビル管理会社役員の原田啓介氏(52)が17日、無所属での立候補を表明した。再選を目指す現職の佐藤陽一氏(62)無所属との一騎打ちになる公算が大きい。
 市役所で記者会見した原田氏は「前回の市長選挙では佐藤氏を応援したが、問答無用、上意下達の行政手法をみて、違和感を持つようになった」と佐藤氏を批判。「告示日まで時間がないが、3・11の震災で、この国のかたちが変わる中、絆のある社会をつくっていきたいと思った。」と出馬の動機を語った。
 公約については「市民が参加する事業仕分けなど、開かれた市政を実現したい。民間を後押しして農商工の連携を図り、自立したまちづくりをを目指す」と述べた。豆田町の岩澤美術館計画については「酒蔵は街のシンボルとして保存したいが、美術館とは切り離して考えたい」と話した。 (2011年6月18日西日本新聞朝刊)
 
posted by kawasaki at 12:02 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 福祉 環境

2011年06月17日

原田啓介氏、市長選出馬表明 2011.6.17.


 17日の午前中、日田市役所の記者クラブで原田啓介氏が、7月3日告示の日田市長選挙に出馬することを正式に表明しました。告示まで僅か16日間ですが、その後の続報が無いので、出馬取り止めかとの噂も飛び交っていました。
 選挙期間を入れても3週間程しかありません。短期間でどれだけの浸透が図れるかが課題です。

 一方の現職市長は、現職の地位を利用し、市の行事や各種総会・会合などに頻繁に顔を出し持論を展開する一方、旧郡部主体の後援会の役員会を開き引き締めを図っています。また、同窓会の開催や、夜の地区周回りなどで浸透を図っています。
 前回、現職市長の全面支援に回った日田市職労の動向が注目されています。http://kunsan.seesaa.net/article/144258213.html

タグ:原田啓介
posted by kawasaki at 12:57 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 経済 福祉 環境

2011年06月14日

私のブログの見方 2011.06.14.

 私のブログの見方について、時々質問を受けますのでここに紹介します。メインは、http://www.k-kawasaki.info/ ですが、その他に5つのブログを、このseesaaで作成しています。
 メインのブログは、既に2,500件に近い記事が書かれていますが、全てを見るには、トップページの右側、「最新のレポート」の「内容全文」下にある、「記事一覧」を、クイックすると全ての記事の目次が出てきます。「活動日誌」「雑記帳」以外も記事の更新を行っていますので、すべてに目を通したい方は、「記事一覧」を見ていただきたいと思います。「最新のレポート」では、直近の掲載記事が出ていますが、この欄を上回る記事掲載をする日もありますので。
 メインのブログ以外(seesaa)には、動画が掲載されています。こちらも、お楽しみ下さい。
 最近は、アクセスの多いい時には1000件を超すこともあり、励みになります。
 これからも更新を続けていきますが、話題やイベントの情報伝達手段などにもご協力できますので、ご意見などありましたら、メールでお気軽ご連絡ください。
 ・メールは、kun@fat.coara.or.jp 川崎邦輔まで
 
posted by kawasaki at 10:52 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 06) 情報分析

原田啓介氏、日田市長選に出馬か 2011.06.08.

 4年前の市長選挙時の私のブログです。http://www.k-kawasaki.info/2007/07/ 
 4年前は、8年前に原田啓介を応援したメンバーらと新人の佐藤陽一氏を応援しましたが、4年経過した今、現職の佐藤陽一氏に対立する立場になろうとは思いもしない結果となりました。


 4年前に佐藤陽一氏を引っ張り出してきた3名の県議との仲も上手く行ってないと聞きます。県議が市長に会見も求めても即座の対応が無いそうです。しかし、別の市民の面会には気軽に応じるとのことです。人の襟を見ているのでしょうか?助言や忠告をする人、自分に従わない者には極力会わないようにしています。彼にとっては、市役所職員は市長の補助要員であり、市議会は追認機関と言って憚りません。市長と議会の二元制についても理解しようとしていませんでした。

 
 6月5日のクンチョウ酒蔵活用構想(案)の説明会を契機として、身近に質問のやり取りを傍聴した市民や、ニュースを見た市民らから、一層の日田市長選への対立候補者擁立の声が多く聞かれるようになりました。私の元にも多くの市民からの要請がありました。7日に「日田維新の会」が候補者公募を断念した際には、無投票の可能性を報じろ新聞社もいましたが・・・・・・・・・。水面下では、数グループが市長候補擁立に向け活発な活動を続けていました。

 
 そうしたなか、8年前の市長選挙に立候補し、3選目の大石昭忠氏に1371票差で惜敗した原田啓介君(52歳)から立候補を考えているとの連絡が入りました。4年間の市政運営に危機感を覚える。誤った方向へ日田市を導こうとしているなど日田市の行く末を考えると無投票は考えられない。立候補を考えたいとのことでした。

 
 7月3日の告示まで3週間余りしか時間がありませんが、8年前の市長選挙では(現)佐藤陽一氏の後援会長の小野澄夫氏らと共に原田啓介氏を担ぎ出した仲ですので、即座に原田啓介氏の支援に回りたいと決意しました。私も、議会を通じて市長に政策提言や助言をしてきましたが、素直に聞き入れてもらえず、その無念な思いは、同じように市長に提言をしてきた原田啓介君も同様でした。2年半で日田市副市長を辞任した石松雅章氏も同じ思いだったと思います。石松副市長の後に就任した穴井副市長も病気での辞任となっていますが、果たしてそうだったのでしょうか?


 最近、西日本新聞の社説・意見・小説の掲載される8面で、「聞き書きシリーズ―夢の途中―日本昆虫学会会員・元大分県警警察官 佐々木茂美さん 」が連載されていますが、自由の森大学の亡き筑紫哲也学長の名前と共に、事務局長として活躍していた原田啓介君の名前が時々登場します。

 
 そんなことで、ひょっとして佐々木茂美さんが表現したように、「蛹が羽化する時がきっと来る」かも、との思いがありましたが、それが現実のものとなりそうです。


 8年前は、自由の森大学副学長の福岡政行氏に何度も日田に足を運んで頂き、支援・指導をいただきましたが、今一歩のところで勝利を逃しました。今回も、日田への熱い思いで再び立ち上がった原田啓介君を、しっかりサポートしたいと思います。正式な表明までには、今少しの時間がかかりそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

郷土愛 温かい目 筑紫哲也さん

[2008年11月08日 09:34] (大分合同新聞より転載)

  自由の森大学で落語家の立川談志さん(右)と対談する筑紫哲也さん=2000年5月27日、日田市民会館

 七日に死去した筑紫哲也さんは出身地の日田市で市民大学を主宰したほか、由布市湯布院町の映画祭にたびたび訪れるなど県内とのつながりが深く、各地で悲しみの声が相次いだ。
 一九九四年に日田市で発足した市民大学「自由の森大学」を主宰。二〇〇六年に閉校するまで十二年間学長を務め、古里の文化・地域振興に功績を残した。
 「自由の森大学」は筑紫さんと親交があった各界の著名人らを講師に、文化や地域の在り方、人の生き様など多彩なテーマで講座を開講。十二年間で、県内をはじめ九州・山口から延べ一万五千人以上が学んだ。
 事務局長を務めた原田啓介さん(49)は「二年前、ニュース番組で千年あかりの始まりを生中継してくれた。同じ千年あかりの始まりの日に、訃(ふ)報(ほう)を聞くとは...」と言葉を失った。「おやじ、兄貴といった感じで接してくれた。日田が好きで、帰るとリラックスしているようだった」と筑紫さんをしのんだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2003年7月 日田市長選挙 (ザ・選挙より)
【定数 : 1 / 立候補者 : 2 】有権者数 : 49091人 投票者数 : 33641人 投票率 : 68.53%   
得票数 写真名前年齢性別党派・会派等備考
当選 17303  大石 昭忠

大石 昭忠
オオイシ アキタダ

60   男   無所属 現 日田市長 
15932  原田 啓介

原田 啓介
ハラダ ケイスケ

44   男   無所属 新 会社役員 
posted by kawasaki at 08:01 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。