2011年07月04日

龍復興担当大臣の威張り散らし

政治家は、不用意な発言が命取りにもなりかねません。
・・・・
「突き放す時は突き放す」復興相が被災地知事に注文
2011.7.4 00:00
  松本龍震災復興担当相は3日、村井嘉浩宮城県知事と県庁で会談し「政府に甘えるところは甘えていい。こっちも突き放すところは突き放す」と明言
 知事の漁港集約構想について「県で意見集約をちゃんとやれ。やらなかったらこっちも何もしない」と述べた。
・・・・
FNNニュースから・・・・http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00202671.html
大震災復興・大津波復興がサッカーが同レベルの扱いとは、怒りを感じます。
復興の開始が、サッカーのキックオフとは情けない!
地震があってから何日たっていると思っているのか。
「九州人だから東北の地理に不案内」とは。
もっと勉強してから政治家になれ。
知らないなら素直に聞け。
こんな人物が国会議員だから日本の政治がダメになるのだ。
ただ単に、親の七光りで政治家になったんじゃないか。
世襲議員の面汚しです。
怒りです!!!
・・・・・・・・・
松本復興相、岩手・宮城両知事にきわどい発言連発  (朝日新聞http://www.asahi.com/politics/update/0703/TKY201107030246.html
 松本龍復興担当相は3日、東日本大震災の被災地である岩手・宮城両県を訪ね、両県知事と会談した。前日の福島県に続く就任後初めての被災地訪問だが、被災者の感情を逆なでしかねない発言を連発した。週明けの国会で野党が追及する可能性もある。
 最初に訪れた岩手県庁の玄関前では、衛藤征士郎・衆院副議長からもらったというサッカーボールを持ち出し、「キックオフだ」と達増拓也知事に蹴り込んだが、達増氏は取り損ねた。
 会談では、仮設住宅の要望をしようとする達増知事の言葉を遮り、「本当は仮設はあなた方の仕事だ」と指摘。仮設住宅での孤独死対策などの国の施策を挙げ、「国は進んだことをやっている。(被災自治体は)そこに追いついてこないといけない。知恵を出したところは助けるが、知恵を出さないやつは助けない。そのくらいの気持ちを持って」と述べた。また、「九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか分からない」と冗談めかして話した。
 午後に訪問した宮城県庁では、応接室に後から入ってきた村井嘉浩知事に「お客さんが来る時は、自分が入ってから呼べ。しっかりやれよ」と語った。被災した漁港を集約するという県独自の計画に対しては「県でコンセンサスをとれよ。そうしないと、我々は何もしないぞ」などと厳しい口調で注文をつけた。
 松本氏は防災相から引き続き震災対応に当たることもあって村井氏は面会後、記者団に「地元のことをよく分かっている方が大臣に就任して喜んでいます」と述べた。しかし、ある県幹部は「被災地に来て、あの言動はない」と憤っていた。(山下剛、高橋昌宏)
・・・・・産経ニュースから・・・・・

復興相の「嫌い発言」に自公猛反発

2011.6.29 20:49
 松本龍震災復興担当相の「3月11日以来、民主も自民も公明も嫌いだ」発言を受け、自民、公明両党は29日、松本氏に釈明を求めていく方針を決めた。
 自民党の逢沢一郎国対委員長は「復旧・復興の中心に立つべき人が与野党の協力が必要ないと考えているならば任に当たる資格無しだ」と猛反発。公明党の漆原良夫国対委員長も「信じられない言葉だ。松本氏はどうかしてしまったのか」と不快感を示した。
 一方、松本氏は同日夕、民主党所属議員のパーティーであいさつし、自らの発言について「私は政局が大嫌いで、被災者に寄り添うことが私たちの使命であるということを言いたかった」と釈明した。
・・・・・・・・ 
posted by kawasaki at 23:59 | 福岡 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213268269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。