2007年01月14日

鉄鏡と帯鉤

DVC00177mk.JPG
 感慨深いものがあります。
 以前は、東京国立博物館で拝見しました。
 学芸員の方に案内して頂き、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の伝日田出土から「伝」の一文字が除かれことを
説明され、大変嬉しく思ったことを思い出しました。


posted by kawasaki at 09:33 | TrackBack(0) | 07) 金銀錯嵌珠龍文鉄鏡

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。