2007年01月26日

大分県教育委員会の立て看板

IMG_9521mai.JPG
 小鹿焼の里を目指して、県道拡幅工事の進んでいる小野川の沿線を走っていると左側に大分県教育委員会の立て看板があり、ちょっと不思議に思います。テントもあり何か出たのかのなと足を運ぶと、ナント「9万年前の埋没林を発見」。
 自分の目で見るのは、全国で4例目です。
 行政の今後の対応をしっかり見つめなければ。
 大分県は、文化財に対する関心が非常に薄いようなので・・・・。


posted by kawasaki at 07:12 | TrackBack(0) | 08) 9万年前の埋没林

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。