2007年07月15日

台風4号九州南部をかすめる 2007.7.14

 台風4号がそれそうなので、昼過ぎから理髪店に出かけました。
 散髪が終わった頃には、一時、陽が差しましたが直ぐに小雨になり、時々強風が吹き荒れました。

 強風が吹くたびに、棗(なつめ)の実が枝ごとに折れて落ちてきます。

 月隈小学校に通っていた頃は、校庭に大きな棗(なつめ)の木があり、実が熟れた頃に台風が襲来し、その実を朝早く行って拾うのが楽しみでした。

 IMG_5402mm.JPGIMG_5400mm.JPG 
 IMG_5401mm.JPG IMG_5406mm.JPG

 12日に、遊船が座礁したところに行ってみました。
 まだ、台風の風が残っていました。
 

三隈川の遊船(屋形船)が、突風で漂流  2007.7.12

IMG_5332mm.JPG 夜に入ってから、雷と強雨と強風が吹き荒れましたが、自分はプラザホテルフジノイで講義を受けており、窓越しに稲光を時々見ては、相当に荒れているなと思うぐらいでした。
 ところが、プラザホテルフジノイからの帰りに、隈町の春光園から見える川岸に、警察官がたくさん出ていて「スワッ。事件か?」「何事か?」と思ったら、突風で遊船が流されたとのことで、怪我人はないとのことで一安心でした。

 僅か2分間余りの出来事で、対応できずに庄手川側の浅瀬に流されて座礁した遊船もあり、13日8時からクレーン車を入れて対処するとの事でした。
 当時、10艘近くの遊船が出ており3艘が流され、そのうちの1艘は船外機が装着されていたので自力脱出し、後の船は、自力で岸に戻ったとのことでした。
 画像で見ると、亀山公園よりの中央部の白いビルの下に、遊船の明かりが見えます。通常は、この辺は亀山公園から緑橋に渡る板の沈み橋の浅瀬があり、船の近づけないところです。
IMG_5142m.JPG 流された三艘の遊船には、それぞれ10人、10人、5人のお客が乗船しており、無事で本当に良かったです。左の画像は、7月7日の増水時に撮影したものですが、左側が亀山公園で右側がみどり橋で旅館街への散歩道路です。板の散歩橋は、冠水しています。
 大分気象台によると、午後7時48分に瞬間最大風速18.7bを観測し、降雨量も午後7時から8時までの1時間で12.5_に達したとのことでした。

 こんなことは以前にもあり、突然の気象状況の変化には注意を要します。
 私の体験は、2回あり、今年の観光祭川開きの水神祭のときに巫女を乗せた船が、風に邪魔されて御神座船に近づけず往生して、笑いを誘いましたが、後の一回は、これもまた、水神祭の時でしたが、凄まじい強風が吹き、船頭の操船では全く歯が立たずに、遊船が流され銭渕橋の橋げたに衝突したこともありました。神棚も危うく倒れそうになったことを覚えています。

 先日も、増水した三隈川に遊船が浸水しましたが、今回の座礁した遊船と所有者が同じようです。
IMG_5148mmm.JPG 最近の雨は、まるでスコールで、温帯地方が熱帯雨林気候になったような雨と風が吹きます。 超異常気象の前兆ではないでしょうか。

 13日午後4時から、日田警察署で行政も入れて、旅館組合と今後の対応を協議するそうです。


 


タグ:台風4号
posted by kawasaki at 21:15 | 福岡 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 04) 真実は何処に
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。