2007年01月24日

僅か10分間で完売とは・・・!毎日新聞 大分 2007.1.23

毎日新聞社 大分 もっと身近に地域のニュース

“日田の至宝”見学ツアー:受け付け10分で完売、市民から不満の声続出 /大分 1月23日17時3分配信 毎日新聞

 日田市文化財保護課は22日、九州国立博物館(福岡県太宰府市)の見学バスツアー(27、28日各定員26人)を募ったところ、受け付け開始後わずか10分余で満杯になった。28日まで展示中の“日田の至宝”金銀錯嵌(さくがん)珠龍文(しゅりゅうもん)鉄鏡(てっきょう)(国指定重要文化財)など3点の人気ぶりを反映したもので、がっかり組やキャンセル待ち組は「増員できないか」と不満を募らせている。
 ツアー第1陣は今月12〜14日。168人が応募したほか、私的見学団も続出した。今回、市報で「22〜25日の午前8時半〜午後5時、電話受け付け」と大々的にPR。6回線分で受け付けたところ、10分余で2日分とも“完売”し、「話中で通じず、やっとかかったら断られた」などの不満が続出した。あぶれ組は夕方までに約100人に達し、川崎邦輔市議が同課に増員を打診したが、準備不足などを理由に見送られた。
 後藤清課長は「年内にある常設展では早めに準備し、大勢の市民を送り出す態勢を取りたい」と話す。 【楢原義則】2007年1月23日朝刊



 僅か10分間で完売とは・・・・・!
 私は、12日に行けたので良かったのですが、今回行けなかった人には大変申し訳ない思いです。
 28日には、二つの団体から九州国立博物館行きのお誘いを受けていましたが、別件があり時間が取れずにお断りしていました。それだけ、市民の関心が高いということです。
 実は、22日の9時ごろには市民から抗議の電話を受けていました。
 紹介しますと、
 22日、午前8時30分より前に電話し、8時30分からしか受付できないと言われて、8時30分に電話したところ話中で繋がらず、文化課に電話が繋がったのが8時40分ごろ。ところが、もう完売で受付は終了しましたとのこと。また、予算がないので増員・増車はしないとの返事に、ムラムラと怒りがこみ上げてきたとのこと。もしかして、事前に受付して便宜を図ってもらった人がいるのではないかと思う。
 また、今回のようなツアーに参加すれば、市役所の専門家や九州国立博物館の専門家からの丁寧な説明を受けることが出来るし、参加できないのは非常に残念だ。
 僅か10分で終了とか信じられない。申込期間は、3日間もあったのに。こんなことなら、葉書での申し込みにして、抽選にすればよかったのに。などです。


 私のほうも文化課に連絡し、増車・増員の可能性を打診しましたが、対応する時間がないとのことで、次回の展示での対応を考えたいとの返事でした。

 実は、今年後半にも展示を企画しており、その時は今回とは別の金錯鉄帯鉤も展示する予定にしており、今後は常設展示を考えているとのことでした。
 12日に私が九博に行った時に、独立行政法人 国立博物館 九州国立博物館企画課 文化交流展示室長 河野一隆氏から聞いています。彼とは1時間ほど、個人的にお話をさせて頂きました。

 いずれにしても、当日だけで100人近い人が断られたわけで、せっかく盛り上がりかけたのに残念です。続きを読む
posted by kawasaki at 10:09 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

2007年01月08日

日田の古代史

伊藤電気の日田の古代史・・・http://www.ito-denki.biz/report/kodaishi/index.html
posted by kawasaki at 09:19 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

2007年01月06日

邪馬台国 鉄鏡

IMG_8844repu.JPG
 「邪馬台国の会」の活動報告第251回活動報告HPの中に、鉄鏡について少しの記述があります。
 左の写真は、日田のダンワラ古墳から出土した金銀錯嵌珠龍文鉄鏡(レプリカ)。
 中国の影響か? 楽浪郡にヒント? もっと西に行った、スキタイ、突厥に起源があるかも?
http://yamatai.cside.com/katudou/kiroku251.htm




 IMG_8849mnk.JPG IMG_8872mk.JPG
 IMG_8862mk.JPG IMG_8845mk.JPG

IMG_8859mk.JPG IMG_8865mk.JPG 
IMG_8861mk.JPG IMG_8860gyoku.JPG 
posted by kawasaki at 06:58 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

五馬媛 久津媛 古代の媛 姫

五馬媛・・・宇土遺跡http://www.e-obs.com/top/heo/heodata/n68.htm
 新井信介氏によると、五馬などの地名は中国にあるとのことで、五つの部族を表したりしている。
 渡来系の人が入ってきた名残かも・・・?
posted by kawasaki at 11:44 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

2006年11月21日

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡

IMG_9223mk.JPGDVC00178mk.JPG
 日田市のダンワラ古墳から出土した鉄鏡です。
 一体誰が所有していたのか?

賀川光夫先生・・・http://www.e-obs.com/rekisi/kodai/sousetu/sousetu1-3.htm

長田通倫先生・・・http://www.geocities.jp/jp_kozoku_ken/Kanndai_tekkyoh.htm

日田の考古学・・・http://iris.hita.net/~city/rek/sub5.htm

大分の古代美術・・・http://www.e-obs.com/rekisi/kodai/kokogaku/shuryumonkyo.htm

日田古代史研究所・・・http://www.hisatuhime.com/kagam.htm

IMG_9206mk.JPGIMG_9210mm.JPG







IMG_9225mk.JPGimage065金銀鉄鏡mk.GIF
posted by kawasaki at 21:13 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

金錯鉄帯鉤 (きんさくてつたいこう)

IMG_9216mk.JPGDVC00179mm.JPG ダンワラ古墳から出土したのは、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡だけでなくこの金錯鉄帯鉤も出土しています。
 非常に貴重な代物です。どうして日田からという疑問に答えを出すのは、考古学を職業にしている人にとっては大変な難問です。

鉄鏡・・・http://www.e-obs.com/heo/heodata/n500.htm

日田古代史研究所・・・http://www.hisatuhime.com/2.html



image061たいこうm.GIF
IMG_9211mm.JPG
タグ:金錯鉄帯鉤
posted by kawasaki at 21:01 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

2006年10月16日

久津媛 下草刈り

IMG_6588mk.JPG 15日、8時から「久津媛と日田の古代を語る会」のメンバー7人で、「会所山」(よそやま)の「久津媛神社」への参道と車道、「コレラ山」への山道の草刈をやりました。
 下のホームページでアクセスすると、「久津媛神社」がB。通称「コレラ山」はAです。コレラ山とは、昔コレラに罹り亡くなった人を埋葬したので、こう呼ばれています。中腹に、古墳があります。
http://www.hisatuhime.com/yoso.htm
 久津媛と日田の古代を語る会http://www.hisatuhime.com/hisatu/yakuinn.html
posted by kawasaki at 08:43 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

2006年09月17日

ヴァーチャル日田市

旧ヴァーチャル日田市トップページhttp://iris.hita.net/~city/his/hisfrm.htm
日田市の歴史・遺跡など学術書も含め詳細に纏められています。
posted by kawasaki at 18:16 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

日田古代史研究所

IMG_8844mk.JPG 日田古代史研究所http://hisatuhime.com/

 久津媛と日田の古代を語る会の若手が作成しています。
posted by kawasaki at 18:06 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

2005年09月25日

装飾古墳 穴観音古墳

IMG_5908mk.JPG 写真は、装飾古墳「日田穴観音古墳、前室右側壁http://iris.hita.net/~city/arc/h16/d55/d55.pdf」。石井小学校の校長室正面左側に飾られています。
posted by kawasaki at 07:40 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学

穴観音古墳

IMG_5908mkm.JPG
 写真は、装飾古墳「日田穴観音古墳、前室右側壁http://iris.hita.net/~city/arc/h16/d55/d55.pdf」。石井小学校の校長室正面左側に飾られています。
タグ:穴観音古墳
posted by kawasaki at 07:40 | TrackBack(0) | 01)日田の考古学
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。